御味噌屋

RPG maker MVでゲーム制作してます。 素材・プラグインなんかもご紹介できたら。 いや、まずはエターナる前に完成させねば。

カテゴリ: ゲーム紹介

ということで、フリーゲーム刹那のミキリ改をリリースいたしました。
特段・・・無印から進化というものはないんですよねw
強いて言えば、グラフィックを描き直したくらい。

今回は「魔界編」ということで、少女剣士ミキリちゃんは魔界の猛者とやりあいます。
無印は5人勝ち抜きでしたが、今回は7人勝ち抜きになってます。
クリアすると・・・ちょっとムフフなエンドカードです。

mikirititle

「刹那のミキリ改-魔界編-」RPGアツマール






ということで、昨日幕張メッセで開催された「次世代ワールドホビー展」で
子どもがインフルエンザをもらってきてしまいましたが、
生しょこたんを見れたり、生あばれる君を見れたりと大変楽しかったので、
大変よきかなな土日でした。
IMG_1944


さて、制作中の「OMITHO-PATH~」ですが、
画期的なシステムを思い付いたものの「NASTURTIUM」では、
ボツとなったアイデアを採り入れるというコンセプトでやってます。

キャプチャ


「ふたりは〇リキュア」システムです!
千葉を代表するご当地ヒロイン「スイートエンジェル シュガー&ベリー」という、
(元ネタはスイートフェアリーですw)
図の敵が使ってくるものなのですが、これはかなり画期的です。
なぜなら

・二人同時に倒さないと死なない。
一人倒しても立ち上がってくる。
・時々相方をかばう。
・二人のチカラを合わせてマーブルス○リュー的な必殺を発射してくる。

二人同時に倒さないと死なないので、
フィニッシュは全体魔法しないといけませんね。
しかしこのマジカル少女二人に魔法は効きません。どうするのか!

どうしようかなw



ということで、「OMITHO-PATH TRAVELLER」が順調に完成に近づいております。
このゲームはもともと「NASTURTIUM」制作時にボツになったアイデアなどを詰め込んでいるので、
なかなかに画期的な機能があったりなかったりします。

その一つがサポートキャラ機能です。
戦いには参加しないけれども、チュートリアル的に操作を教えてくれたり、
アドバイスをくれたり、クセが強いんじゃなパーティにおいてツッコミ役をやってくれたりします。

立ちユズ

サポート妖精「エシャロット」ちゃんです。
御味噌屋のほかのゲームに出てきそうな顔してますが、別人です。
人ではありません。体長40センチの妖精です。

特技はチュートリアルとツッコミ。
で、下の画像の様にゲームの画面上では常にこのエシャロットの顔アイコンが常駐しており、
キャプチャ

エシャロットちゃんのスキップのアイコンをタッチすると・・・。
なんとイベントが飛ばせますw
ほかにもいろいろ便利機能でサポートしてくれる妖精です。
まぁ・・・「アトリエシリーズ」とかでよくあるよねw

ということで、制作状況でしたぁ。


ということで、フリーゲームのご紹介です。

以前ご紹介した「罪の国」の雪國さんの新作ホラーゲームです。

freem_ne_jp

「悪魔の不幸な一日」(ふりーむ)

なんとかクリアしました。しかしまだ見ていないエンディングもあり・・・。
今までの作風とはうってかわって、かなりコミカルです。
コメディタッチの中にホラー要素がちらほら顔を出してていい感じ。
ストーリーは人類の館に閉じ込められた悪魔の凸凹師弟二人が脱出するというもの。
謎解きが中心となりますが、RPG的な要素もあるコメディホラーADVゲームですね。

置いてあるものは大概調べることが出来、
また師弟によりメッセージが変わるなど、今までのきめ細やかを踏襲していますね。

この凸凹師弟は魔王に仕える悪魔だけあってLVが300超でHPが万超えとアホほど屈強ですが・・・(笑)
これはあとあと必要となってくる鬼の強さなんですね。ネタバレになるからやめときます。
謎解きは無駄がなく、しかもアイデアに満ちていて、
同じクリエイターとして「何故こんなこと思いつくのだろうか」という・・・。
しかし一番の肝はこの凸凹師弟コンビの掛け合いでしょう。
シリアスな中でもユーモアに満ちたこの師弟漫才が和ませてくれるので、暗さは感じません。


そしてプレイしていてつと思ったのが、
「っぽさ」が散りばめられてていいなぁって。
雪國さんのゲームはすべてプレイしましたが、
作風が全く異なる作品間において一貫してある「らしさ」みたいのを出せるって羨ましい。
何故ならまず「らしさ」を確立しないといけない。
その上でいくつも作品を作るという難産を経ないといけない。
あーでもないこーでもないしてエターなってる私からするとすごいことなんです。

短編ゲームを公開し続ける。
これは簡単なようでなかなか出来ません。
今までの作品の中で一番心に残りました。
またこの師弟コンビの続編などを期待したいです。
ということで、刺激を受けた御味噌屋は
夜な夜な制作に励むことにします。


ファンアートを描かせていただきました。

雪國様へ

ほんとはもっと陽気な子なんですけど、
御味噌屋が描くとこうなりますw

そして羨ましい機能が導入されています。
オンラインアップデート機能です。
これはリリース後にアップデートがあると、
プレイヤーは再ダウンロードすることなく、
ゲーム内で更新出来ること…。だと思いますw

すげえ。実はアップデートってプレイヤーにとっての再ダウンロードもそうですが、
クリエイターにとっての再アップもなかなかに苦痛な作業ですw
しかしこの機能があればプレイヤーにとってもクリエイターにとっても大幅なロスが省略され、言うことなしですw
いいなあ。


ということで、ミニゲーム「刹那のミキリ」をふりーむにてリリースいたしました。

刹那のミキリ (ふりーむ)

うーん。まぁミニゲームだしパクリなのでw
もうちょいとグラも何とかしたかったけど、リリースを急いだ感じですねw

まぁ、でもツクールMVならこんなのもツクれるんですよという試験的なものです。
ここから応用していけば、早押しゲーなどに対応出来そうな。
本来ならばオリジナルと同様に、早押しタイムなども計測して表示出来たらよかったな。
早押しタイムをスコアに変換して、これくらい早かったですよ的な。
まぁそのへんはやり方がちょっとわからんかったんで保留ですね。
あとプレイ中の注意事項としては「SHIFT」キー以外は押さないでくださいw
一応他のキーもテストで押してみたものの、どうなるかわかりませんw

ということで、ふりーむにて本日公開です。
このくらいのミニゲームならHTML版でよかったんじゃないかというw



キャプチャ

↑このページのトップヘ