御味噌屋

RPG maker MVでゲーム制作してます。 素材・プラグインなんかもご紹介できたら。 いや、まずはエターナる前に完成させねば。

カテゴリ: 素材

みなさんは暗黒太極拳という言葉をご存知でしょうか。
今年発売20周年を迎えるあるゲームのOPで少女たちが繰り出す技のことです。
実はこのゲーム、死の際にある主人公が全国各地で作った女性たちとの清算するというお話ですが、
その女性の数12名ということで、パワプロも狩野英孝さんもビックリの12股というw
でもまぁ発売当時私は中2という大変めんどくさい年齢でしたが、
このゲームのキャラデザインに感銘を受けて絵師になりたいと思ったものです。
当時はっきり言ってこのゲームの盛り上がりは半端なかったものと記憶してます。
まだインターネットが普及していない時代だったので、その情報戦は熾烈だったようなw
ゲーム自体はさておき、キャラデザはほんとに透明感のあるデザインで、一見の価値ありです。
ロロナ・トトリのアトリエのキャラデザに出逢うまではかなりお手本にしてました。
(件のゲームのひどいところがキャラデザとゲーム中のグラがあまりに違うことでありますw)


私は専らプレステ派だったので、サターンで発売するというのがすごくこうやるせなかったのですが、
あとでプレステでも出たのでよかった?ですねw
まぁ何が言いたいのかと言うと、今年20周年記念ということで何かが起こるそうです。
「センチメンタルグラフィティ」というゲームですが、
公式ツイッターによると何かが起こるそうなので注視したいと思います。

私の絵師としての原点であるこのゲーム。
まぁそんな情報はいいかw

今日の素材
キャラバリエーション素体

デフォ素材は歩くか前に倒れるしかなさそうなので、作ってみました。

左上より、
抱き合うの図、仰向けの図、SNFの図、
悟りの図、目を開けて仰向けの図、磔の刑の図、
盾と剣を構えるの図、絞首の図、囚われの図、です。

ということで、年二回の楽しみボーナスが出たので、
船橋ららぽで爆買いをしました。これが一番のストレス解消策ですね。
気持ちよかったので、今日は素材アップ。

space

月側から見た地球素材という銀河RPGに使える素材です。
銀河RPGでなくても、普通のRPGのラスボス戦でも使えそう。

キャプチャ

こんな感じで宇宙規模のでかい敵を置くといい感じですね。
(ちなみにこんな女神の敵は我がゲーム「NASTURTIUM」には出ませんよw)

宇宙規模の戦いといえばハートキャッチプリキュアはラスボス戦は宇宙規模でした。
無限シルエットというファイナルフォームはその大きさが身長約5000kmということもあり、
ラスボス戦にふさわしいダイナミックなスケールの戦いでしたね。
劇場版エヴァの巨大綾波が200kmということで、その20倍以上の大きさの異常なスケールでした。
ちなみに漫画・アニメ作品で最大の物体はアニメグレンラガンの「超天元突破グレンラガン」だそうです。
身長1500億光年だそうで銀河系の何百万倍という笑っちゃう大きさでした。

で、素材に話を戻すと「NASTURTIUM」では宇宙面なんて当然出てこないので、
完全に趣味で作った素材です。
お好きに使ってくださいまし。


さて、nasturtiumのアルファ版ですが、公開から3日でのべ200ダウンロードいただき誠に感謝です。
プレイしていただいた方の中にはメールで続きのご期待等をいただきました。
この場でも感謝申し上げます。

ということで、ということでじゃないんですけど、
素材ページについて移転することにしました。
これは露出度を考えてのことですが、やはり広く素材を見ていただくという趣旨で、
「Pixiv」にて素材を公開することにしました。
順次素材を移していって、今ある素材ページはちょっと別の目的(攻略ページ)で
使用するため、休止にする予定です。

したがって、これからは「Pixiv」にて素材やイラストを公開します!
過去のブログのトップ絵や遊びで描いたイラストなども公開しますので、
よろしくお願いします。
※閲覧にはPixivのアカウントが必要となります。

Pixiv 御味噌屋のページ

buuurn
これ一応後ろに集中線入ってるんですよw
ピクチャ素材として、なんか大事なことがあって「バーン!!」したい時に使えます。


あとエネミー素材の「海の生物編」に先んじて、
「海の生物編(古代)」をまずやることにしましたw

8988

どちらも古生代カンブリア紀の生物で「アノマロカリス」と「オパビニア」です。
こんなん使いたい人いないかもしれませんがw



いろいろ溜まってたので素材ページにアップします。
その一部をご紹介。

ウエイトレス

歩行グラですね。ウエイトレスです。
アン〇ミ〇ーズ風のおかっぱウエイトレス。

ママ

それからママ。
これはモデルがあって、自分がよく通うスナックのママがモデルです。
なぜスナック?というと自分はプライベートで歌を歌う機会があり、
その練習も兼ねてスナックなんですけど、
ひとりカラオケだと成長が見込めないため、
指摘をしていただくためにスナックなわけです。

Loading

システム素材もアップしておきます。

↑このページのトップヘ