ということで、今、シン・エヴァンゲリオン観てきました。
うん、まぁ感想はネタバレになるので置いといて、
ここでは僕とエヴァの26年間について語ってみます。

エヴァとの出会いは小学6年生でした。
小学6年生の頃と言ったら・・・ドラクエ6とかクロノトリガーとかやってる頃かな。
漫画はるろ剣が大好きで、アニメはスレイヤーズとか観てた頃でした。
そんな中友人が「暴走」ってワードを使い始めて、「何それ」って聞いたら、
「エヴァ」って。「エヴァ初号機」って。
僕はロボットアニメってそれまで全く興味がなく、
ガンダムもガンバルガーも見たことなかった感じです。
戦隊もあんまり好きじゃなかったんですよね。
どちらかと言うと孤独に戦うメタルヒーローのが好きで、
ロボットのおもちゃなんて1個も持ってなかったですね。
ガンプラも持ってなかったし、ゾイドも持ってなかった。
エヴァは当時はロボットだしよくわかんねって感じで興味示さず。

転機としては中1か中2の時ですね。
深夜帯に再放送していたのを何か録って観てしまったのがきっかけ。
これもたまたま偶然ですね。
当時放送していた「ギ〇ガ〇ッシュナ〇ト」という番組を録画した時に、
何か間違えて録ってしまったのを観てみたら「何だこれは!?」という感じ。
ロボットアニメなのにキリスト教用語がいっぱい出るし、
何か人間模様が複雑だし、「これはただのロボットアニメじゃあねぇな。」
と言う感じで、ここから毎週録画しては視聴していました。
ちょうどその頃、アニメ25話26話のやり直しの劇場版をやりますってことで、
一気にブームに火がついて猫も杓子もエヴァ状態になったんかな。
もちろん「シト新生」と「Airまごころを~」は映画館で2回ずつ観ました。
感想はさておき、これでエヴァが終わったんだなぁと思った中2の夏。
もう映画館に行ってまでアニメは見ないんだろうなあとその時感じましたね。


それから10年。ちょうど社会人1年目のことでした。
「ヱヴァがまた映画になるなんて!」っていう、
嬉しい気持ちの他色々な感情が織り交ざったものの、
しかしエヴァは終わらない物語なんだなと感じた2007年。

エヴァは繰り返す物語と言われています。
乗る→乗らない→やっぱ乗る→乗りたくないの繰り返しや、
心通じ合ったんかと思ったら素っ気なくなって、やっぱり心通じ合ったんかみたいな繰り返し。
積み重ねていっているというよりは一歩進んで二歩下がり、二歩進んでは一歩下がるみたいな繰り返し。
(ループといえばここ一年くらい日テレBSで旧アニメ版が繰り返し繰り返しやっていた。
その後のネルフ第4出張所まで観てて、
この番組がいわゆるテレショップ番組なのですが、
なかなか面白くて好きだな。)

シンエヴァンゲリオンに話を戻すと、
何というか、終わった→始まったで、
ようやく今日また僕の中のエヴァが終わりひと段落。
何でしょうね、この歳になって涙が出るとは。
泣いてるのは、私?ってなりました。
いわゆるエヴァロスなのかもしれませんね。
錦糸町から帰る人達のエヴァロスみたいなものを共有しつつ、またいつかエヴァが始まるのかな。
エヴァは繰り返す物語だから、
いつかまた別のエヴァと会える日を待ってます。