ということで、この記事は福島県の旅館より書いています。
そうです。人生初の東北ですw
この30数年間その地に足を踏み入れたことがない東北へ降り立ったのです。
(上空は通ったことあるけどね。)
しかしいわき市なんてほぼほぼ茨城県じゃあないかと言われるかもしれませんが、
そもそも茨城県自体が千葉県民からすると東北地方なんでw

さて、ゲームのプレイ動画を見るのがブームの御味噌屋です。
暑いので、。い日はエアコンの効いた部屋でゲームのプレイ動画を見るのが最高です。

最近見たのがえっと・・・「デスクリムゾン」と「アンシャントロマン」という2つの伝説的なゲーム。
この魅力的な2作品の動画を見過ぎて・・・。
オープニングとかそらで言えるようになってしまいましたw
デスクリムゾンは96年、アンシャントロマンは98年の発売であり、
当時中学1年、3年という人生において最も多感な時期だった御味噌屋は・・・
もちろんこの2ゲームをやったことがありませんw

ゲーム制作を志す者として、やはりこの2作品はやっておくべきでしたね。
しかし今やプレイ動画というもので疑似プレイ体験が出来る時代になりました。

こういう過去の伝説のゲームに触れておくというのはとても大事なことです。



今日は日本一有名な伝説のゲーム「デスクリムゾン」をご紹介。
「デスクリムゾン」は大学生の時にクソ伝説ゲーフリークの友人の紹介で知りました。
しかし当時はすでにセガサターンの時代ではなかったため、
その友人がプレイしているのを眺めておりましたね。
「デスクリムゾン」と言えば主人公コンバット越前。
彼の偉大なる3つのセリフがあまりにも有名過ぎるのでご紹介します。
しかも非常に奥が深く、日常会話でも使えるものばかりなのです。


1.「上から来るぞ、気をつけろォ!」 意味:虎穴に入らずんば虎児を得ず
仲間に対しこう注意喚起しながらも上へ向かっていくという越前の覚悟を感じる一言。
目的地へ向かうのに上へ向かわねばならない場合、
上から危険が来ようとも覚悟の上で上へ向かわねばならない。
しかし彼には仲間がいる。自分一人ならいい。
上へ向かうことは決してやめないけれども、上からの危険に対し注意を促す。
上へ行くことをやめるのであれば「上から来るぞ、下りろォ!」になるからね。
決意と覚悟、仲間思いな越前を見事に表した一言。
古今東西においてこれほどかっこいい迷言はなかなかないw
故事成語でもあるように虎児を得るには、虎穴に入らなくてはならぬ。
リスクがあるのはリターンがある証左。覚悟をもって進むほかない。

2.「なんだこの階段わァ!?」 意味:ありのまま今起こったことを話すぜ
何の変哲もない下り階段に対して吐き捨てた越前の珠玉の一言。
フツーの階段ならこんなセリフを吐きませんね。
しかし越前はこのセリフを吐きながらも、
既にその階段を下りてしまっているという尋常ならざる状況。
つまり階段を下りることを意識する前に、既に下りてしまっていることに対し、
「なんだこの階段は!?(既に勝手に階段を下っている自分がいるッ!)」
という説明のつかない不思議な現象が起こっているということです。
この現象に何らかの意図があるのだとしたら、
それは催眠術や超スピードなんてチャチなものではなさそう。
越前が階段を認識し、ある程度まで下りるという数秒の時間を、
何らかの形でふっ飛ばしたということでしょうか。まさにクリムゾン状態。

3.「せっかくだからオレはこの赤の扉を選ぶぜェ!」 意味:無礼講
「デスクリムゾン」を象徴するあまりにも有名な名言中の名言。
まず赤くない扉に対して赤い扉だと認識する越前のセンス。
そして百歩譲って赤の扉だとしても、扉自体一つしかないのに、
「赤の扉を選ぶ」とのたまった越前のセンス。
ただこれらはプレイ側の想像力でカバー出来るんですよ。
赤の扉は黒い扉ですが、扉の上に小さいですが確かに赤い宝石を確認出来ますし、
おそらくプレイヤーからは確認できない角度に、他の同様の扉がもう2つあったのでしょう。
それらは赤以外の宝石が散りばめられてたんでしょうね!

しかしながらどうしても説明のしようがないのが、
接頭語の「せっかくだから」です。
何が「せっかくだから」なのでしょうか、皆目見当がつきません。

このようにたかだが1分程度のオープニングだけでここまでの衝撃を与えてくれるこのデス様。
出来ることなら今ナウこのゲームをやってみたい。
②では「アンシャントロマン」のご紹介をします。