ということで、フリーゲームのご紹介です。

以前ご紹介した「罪の国」の雪國さんの新作ホラーゲームです。

freem_ne_jp

「悪魔の不幸な一日」(ふりーむ)

なんとかクリアしました。しかしまだ見ていないエンディングもあり・・・。
今までの作風とはうってかわって、かなりコミカルです。
コメディタッチの中にホラー要素がちらほら顔を出してていい感じ。
ストーリーは人類の館に閉じ込められた悪魔の凸凹師弟二人が脱出するというもの。
謎解きが中心となりますが、RPG的な要素もあるコメディホラーADVゲームですね。

置いてあるものは大概調べることが出来、
また師弟によりメッセージが変わるなど、今までのきめ細やかを踏襲していますね。

この凸凹師弟は魔王に仕える悪魔だけあってLVが300超でHPが万超えとアホほど屈強ですが・・・(笑)
これはあとあと必要となってくる鬼の強さなんですね。ネタバレになるからやめときます。
謎解きは無駄がなく、しかもアイデアに満ちていて、
同じクリエイターとして「何故こんなこと思いつくのだろうか」という・・・。
しかし一番の肝はこの凸凹師弟コンビの掛け合いでしょう。
シリアスな中でもユーモアに満ちたこの師弟漫才が和ませてくれるので、暗さは感じません。


そしてプレイしていてつと思ったのが、
「っぽさ」が散りばめられてていいなぁって。
雪國さんのゲームはすべてプレイしましたが、
作風が全く異なる作品間において一貫してある「らしさ」みたいのを出せるって羨ましい。
何故ならまず「らしさ」を確立しないといけない。
その上でいくつも作品を作るという難産を経ないといけない。
あーでもないこーでもないしてエターなってる私からするとすごいことなんです。

短編ゲームを公開し続ける。
これは簡単なようでなかなか出来ません。
今までの作品の中で一番心に残りました。
またこの師弟コンビの続編などを期待したいです。
ということで、刺激を受けた御味噌屋は
夜な夜な制作に励むことにします。


ファンアートを描かせていただきました。

雪國様へ

ほんとはもっと陽気な子なんですけど、
御味噌屋が描くとこうなりますw

そして羨ましい機能が導入されています。
オンラインアップデート機能です。
これはリリース後にアップデートがあると、
プレイヤーは再ダウンロードすることなく、
ゲーム内で更新出来ること…。だと思いますw

すげえ。実はアップデートってプレイヤーにとっての再ダウンロードもそうですが、
クリエイターにとっての再アップもなかなかに苦痛な作業ですw
しかしこの機能があればプレイヤーにとってもクリエイターにとっても大幅なロスが省略され、言うことなしですw
いいなあ。