御味噌屋

RPG maker MVでゲーム制作してます。 素材・プラグインなんかもご紹介できたら。 いや、まずはエターナる前に完成させねば。

2019年02月


ということで、今のご時世転職はごく当たり前のものとなっています。
かくいう私も2回ほど転職しており、転職はいい出会いやスキルアップに繋がると信じたいです。
転職というものはそれは勇気の要るもの。でも大人のみなさんは1度はしているはず。
人生において転職というものはとても大事なものです。

さて、2大RPG、ドラクエとFFには転職・ジョブシステムがあります。
やはり違う職業に就くことでその職業の苦労がわかるものでしょう。
RPGならば転職せんと。
ということで、「OMITHO-PATH」にて採りいれることになってます。

キャプチャ


こんな感じでまだ真っ暗ですが、おおよそ出来ました。

右の女の子は「転職屋」の店員さんで「選ぶのじゃ」とセリフを話しています。
中央下には転職させたいキャラの情報が出ます。
問題はその上のセフィロトの樹みたいな熊手みたいなやつです。

一番下の4つの職業がそれぞれ、ソルジャー・シーフ・ソーサラー・ヒーラーという下位職業です。
真ん中の4つの職業がそれぞれ、ナイト・レンジャー・マジシャン・メディサーという上位職業です。
で、一番上の勇者みたいのが最上位職業であるメシアとなっています。
職業の下に丸い4色の珠がありますが、
これはその職に就くのに必要なパワーボール数です。
キャラの下に現在のパワーボール数が表示されるようになっており、
戦いに勝利するとランダムでもらえたりします。
もらえるボールの色は職業によってまちまちであり、
ソルジャーになっていると赤が出やすく、ヒーラーになっていると青が出やすくという感じです。

最初はみんな「無職」からスタートして、就職活動に励みます。
珠が貯まったらw就きたい職業に就けるというわけですね。
で、さらに貯まるとその上の職業に就くことが出来、
最終的にメシアになることが出来ます。
下積みをしないといけないので、上位職になるためには一度下位職にならないといけません。
例えばソルジャーで下積みをし、ナイトで修行にはげんだ結果、メシアになれるのです!

で、このボールの出る確率がかなりシビアにしているので、なかなかメシアにはなれません。
いい感じでレベル55くらいにメシアになれるように調整をしたいのですが、
全然うまくいかないので、どうしたもんか。
今日はここまでにして、絵でも描くことにしよう。
では。



ということで、「OMITHO-PATH TRAVELLER」の制作ですが進んでます。
しかしフロントビューの戦闘はそれはそれで楽しいですね。

サイドビューももちろん楽しいのですが、ビジュアル面の演出が目を引くあまり、
なんとなく戦闘に集中出来ないようなところがありますが、
フロントビューは比較的戦闘に集中出来そうなイメージです。

ということで、サイドビューでも出来そうですが、
フロントビューで迫力が出そうな特殊攻撃の演出をご紹介します。
って言ってもパクリなので・・・w

キャプチャ1
現れたのはリーゼントに学ランの男。パイナップルみたいな頭をしています。

キャプチャ
「誰の頭がパイナップルみてーだと!?」なんか出てきたー。

キャプチャ2
なんかすごい速さでパンチくりだしてきたー。

・・・というw
これは戦闘アニメ素材を自作したのですがなんてことはありませんw
敵の体からうにゅって分身みたいのが出てくるだけですね。


ほかにも街のマップのたたき台を作ったりしています。

町レイアウト

えっ、これが街のマップだとー。
いやー、これは楽だw
タイルセットで街をこつこつ作る必要がないのはとても楽だw

まだ出来ていませんが、左の◎のところに武器屋と道具屋と転職屋のアイコンになります。
宿屋は?必要ないっすw街に入った途端全回復っす。
教会は?必要ないっすw常にセーブ可能っす。

右下には妖精エシャロットが常駐していて、ランダムでためになる言葉を言ってくれます。
で、左下には房総エナジーの値が入ります。
そして右上の◇はなんだろうか。
こちらは「イベントボタン」になります。
ぽむぽむ動いている時にクリックするとイベントに突入して、
物語が進んでいくという仕組みになっています。

ああ、フィールドに出るためのボタン忘れてた。
まだまだ制作中ですが、これはかなり早く出来そうですw


ということで、最近はゲームや音楽ばかり作ってて絵をあまり描けていませんでした。
やはり一日一枚は描かないと今までの感覚を忘れてしまいますね。

いやはや。どうしたものか。
なんと御味噌屋の代表作「NASTURTIUM」のヒロイン・タバサの描き方を忘れていましたw
あれー。今までどうやって描いてたっけ・・・。
と思って今まで描いた絵とか見返してみても感覚が戻らずw
うへー・・・。というか、最近また絵のタッチが変わってきたことも原因なんですね。
やっぱり人間の好みっていうものは日々微妙に変化していて、
昨日はこう感じたというものも、今日は違う感じになるってことがよくあります。
このへんがぶれずに安定してこないといけませんね。
そのためには一日一枚は描かないと!
早くゲーム制作を終えて絵師一本でやりたいものです。

ということで、今週のトップ絵。

新規キャンバスdddd

千葉でもこれくらいの雪だるまを造れました。今年は異常気象。


制作中の「OMITHO-PATH TRAVELLER」ですが、
このゲームを制作するにあたり千葉県民歴25年以上の私ですが、
今一度千葉県のことを勉強し直すよい機会になりましたw
何って千葉県ってすごくこういろんなゆるキャラがひしめいていて、
一つ一つに制作した自治体の思い入れなんかがあって素晴らしいものなんだなと。

このゆるキャラたちを登場させずして千葉のゲームは名乗れないということで、
いろいろゆるキャラを集めてみることにしています。

例えば、私もたまに買い物に出かける佐倉市。
ロックバンド「bump of chicken」の地元ですね。
佐倉市のゆるキャラといえば「カムロちゃん」ですが、
こんな感じのゆるキャラです。

kamuro_face_front_l

画像をお借りしましたが、この少女が佐倉市の公式ゆるキャラです。
江戸時代の佐倉城に関する書物の中に出てくる齢400歳の妖しだとか。
ちなみに「かむろ」とは「おかっぱ」のことだそうです。

おかっぱの着物少女。
こんな萌え設定をいかさでおくべきかです。
そこで御味噌屋もこのカムロちゃんをモチーフにしたボスキャラ「カムロ=レイ」を描いてみました。

カムロ

という感じに千葉県の形をした妖刀「エクスカチバー」を持っている着物娘です。
このエクスカチバーは一振りで首都圏一帯を斬ることが出来ます。
モデルに倣って一人称は「わち」、語尾は「~ぢゃ」となっておりますw


ほかにも千葉のゆるキャラといえば以下の戦闘風景の感じです。

キャプチャ
千葉と言ったら「梨」です。しかし中にはメタルな梨も・・・

キャプチャ2
千葉と言ったらこの方・・・。ボス属性がついているので、魔法が効きにくい。

ほかにも色々千葉のゆるキャラっぽいのが出てくる予定です。




ということで2月です。
今年ももう8%を消化し、いよいよ焦りが出てきましたw

制作は進んでますけど、いや、進んでいるのかな・・・w
現在制作している「OMITHO-PATH TRAVELLER」に夢中であまり近況報告出来るものがないw

強いて言えばこれくらいw

キャプチャ

これは千葉県にある砂漠をイメージしたダンジョンでの様子ですけど、
「千葉県に砂漠なんてあるんか?」というツッコミはさておき(「月の沙漠」はあります。)
このダンジョンにて大事なのは画面左側の常駐ステータスですね。
これは海外のツクーラーの制作されたプラグインを用いましたが、
そもそもメニューがあるのにステータスを常駐する意味があるのか?と想うでしょう。
しかしおのダンジョンにおいてはメニューを開くことが出来ません。
つまり戦闘中以外に回復することやアイテムを使用することは不可能ということです。

回復がしたければ、
ルーレット02
このマスに止めることで、リフレッシュすることが出来ます。
キャプチャ2
あとは戦闘時に回復するしかありまへん。

で左下の房総エナジーは溜めることでレベルが上がります。
つまりただの経験値累計ですw
敵を倒したりイベントをクリアしたりすると房総エナジーが増えます。

で、ダンジョン内ではメニューが開かないのでつまりセーブも出来ません。
ダンジョンは入ったら最後クリアするか全滅するしか出る手段はありませんね。

ということで、制作日誌でした。

オミソパスタイトル

タイトルラフ画も出来ました。

↑このページのトップヘ