御味噌屋

RPG maker MVでゲーム制作してます。 素材・プラグインなんかもご紹介できたら。 いや、まずはエターナる前に完成させねば。

2017年12月


ということで、諸事情により「素材屋御味噌屋」開業します。
何回かコメントやメール等で有償素材のご依頼いただいておりましたが、
要領などまちまちでわかりにくかったので、わかりやすくするため、こちらでご案内することにしました。

新規キャンバス23       
1枚絵サンプル。
   
sample
歩行キャラサンプル。(64×64)

レジーナ・カリーヌ
エネミー素材サンプル。

thabasa1
立ち絵サンプル




   
・基本的には有償で制作させていただくこととします。
メールにてご注文受付します。omisoya6119@gmail.com
(打ち合わせ等で何回かメールのやりとりします。)

・料金一覧(金額は目安です)
 歩行キャラ素材・・・1体 300円~
 アクター素材(MV戦闘)・・・300円~
 エネミー素材・・・1体 500円~
 1枚絵素材・・・応相談(2,000円~)
 その他絵素材・・・応相談
 音楽・楽曲素材(歌あり)・・・10,000円~

・作成リクエストについて
 作成にあたっては具体的な詳細をお教え下さい。
 一度ラフ画を作成し、確認をいただいてからの本作成となります。
 基本的には修正は2回までとさせていただきます。

・素材使用について
 作成した素材についてはお渡しした時点で依頼主様で自由に改変していただいて結構です。
 

御味噌屋 素材利用規約(平成29年12月25日現在)

以下をもって御味噌屋の素材利用規約とします。

・著作権について
 御味噌屋の素材の著作権はお渡しした時点ですべてご依頼主様に帰属します。

・使用するにあたって
 御味噌屋の素材を使用する場合は、必ず使用したゲーム(下記参照)においてクレジット表記をお願いします。

・用途について
 用途については商用・フリー・年齢制限問わずゲームであれば使用可能です。
 RPGツクールシリーズかどうかは問いません。(ウディタでも使用可能)

・加工について
 素材の加工はすべてOKです。
 加工後の素材の二次配布についてはOKとしますが、一応御味噌屋作の表記をお願いします。


あと10日余りなので年末の近況でもつらつらと述べます。

今アプリゲームにおいて立て続けに年末イベントが来ており、
体力的にも金銭的にも忙しい時期ですが、
今チカラを入れているのがパワプロアプリのファンアート投稿です。

投稿するだけでパワーストーンがもらえるのですが、
最優秀賞はアプリ起動時の壁紙にしてくれるとか。
これは絵描きとしてはやらないわけにはいかず、
締め切りまであーでもないこーでもないと思案しております。
一旦イメージが固まれば半日あれば描けるのですけど、なかなか構図が浮かばない。
なのでアプリゲームが忙しいというより、
アプリゲームのための絵描きが忙しい。まずこれ一点。
        
制作の方はガチャシステムや戦闘中ルーレットシステムの構築で手一杯ですw
なぜこんなものが必要なのか当初の目的がよくわからなくなっておりますが、
とにかく必要なんだと思いますw
   
プライベートと言えば、
最近は仲間のバンドを(あえて積極的に)見に行ったり、本を読んだりしています。
本なんて日頃読む人じゃないんですが、宇宙の不思議の本などを読んでました。
あとはちょっとした本職とは関係のない資格試験を受験したりとか。
試験とかなかなかに久しぶりであの独特な雰囲気が好きですが、
己の暗記した知識だけで戦うってのはきついなw
10年以上前のことですが大学時代の試験と言えば六法のみ持ち込み可だったので、
その時の癖がついてて持ち込み不可って精神的にきついというあまちゃん気質でしたw

宇宙と言えば今年最後の素材配布。
一応NASTURTIUMの遠景で使う予定なんですけど、これ。

space


ツクールMVは宇宙の素材がないので、宇宙素材をちょこちょこ出していきます。
    
   


ということで、年の瀬です。
今年の御味噌屋の漢字は「烈」でしたね。
激しくも甚だしく、そして道を外れない一年でした。


さて、ところでゲーマーのみなさんは、
ファミコンのソフト売上ランキングベスト3と、
スーファミのソフト売上ランキングベスト3をご存知でしょうか。
実はこのランキングから重大なことに気付くはずです。

ファミコンソフト売上ランキング
①マリオブラザーズ
②マリオブラザーズ3
③ドラクエⅢ

スーファミソフト売上ランキング
①マリオカート
②マリオ4
③ドラクエⅥ

いかがでしょうか。ほぼマリオ。マリオ強しでした。
いや・・・そうではなく、両方の3位に注目です。
ふむ。ドラクエ3とドラクエ6。ドラクエ強し!
いや、そうではありません。
このドラクエ3と6に共通して言えるのが、転職システム。
この転職システムに関連して気になるコラムを書いて今年の締めとしましょう。

ドラクエやFFをやるといつも思うのが、終盤の下位魔法の使わなさです。
ドラクエは例えばドラクエ6の「メラ」だとダメージ固定なので10~15程度、
FFは例えばFF6の「ファイア」だと使用者の魔力依存になりますが、
せいぜい1000くらいだったような気がします。
これでは上位魔法を覚えており、かつ強敵が出現する終盤はなかなか使いづらいですね。
雑魚敵を一層するのにも通常攻撃でいいし、余計なMPを消費したくないですしね。

ちなみにドラクエ6とFF6の共通点はナンバリングだけでなく、
魔法(ドラクエは必殺技も)が誰でも同じものを覚えられるシステムということです。
したがってそのシステムに依ると余計に下位魔法を使うことが少なくなります。

これはどういうことかと言うと、例えば、
「火属性に弱い敵がいて、火はこいつしか使えねェからメラ使う」みたいなことも少ないでしょう。
だって魔法使いに転職すればだれでも「メラ」を覚え、
イフリートの魔石を装備すればだれでも「ファイア」を覚えるんですから。
つまりシステムも手伝って、終盤に下位魔法の価値が下がっていくという
仕方のないような悲しいような現実がゲーム内にはあります。

では、漫画世界ではどうでしょうか。
例えばルフィはいまだに「ゴムゴムのJETピストル」を使っています。
もちろん雑魚の一掃や手合せ段階での使用となりますがいまだ健在です。
ダイの大冒険では終盤で「ヒャド」なんて使ってましたね。
これは敵にダメージを与えるわけではないですけど、
下位魔法を有効活用していたいい例です。(しかもみんながみんなヒャドを使えるわけでない。)
悟空は最初から最後までかめはめ波でした。承太郎も最後まで「オラオラ」。

漫画キャラは固有の必殺技を持つ故に、割と同じ必殺技をずっと使っていて、
斎藤さん風に言うと「斎藤さんだぞ。」って感じなんでしょうね。
ああ、その斎藤さんじゃなくて、
「牙突」のような一つの技を極めれば他に技とかいらないって感じなんでしょうね。
刃牙の「剛体術」のように初期に使った技を長い年月が経た後に使うと胸アツです。
仮面ライダーシリーズもラスボスは最終的にはライダーキックで仕留めがちですよ。

ということで漫画や特撮などは、
必殺技が固有であることやダメージが抽象化されているため
割と下位の必殺技を終盤に持って来たりします。
何故ならドラマチックだからです。
しかしそれに対して技の個性が画一的で、
ダメージが数値化されているRPGではなかなか下位の必殺技が使われません。

NASTURTIUMではそのジレンマを解消するため、
上位下位魔法という概念をなくしてあります。
それぞれのメンバーの固有の単体攻撃は一つ、全体攻撃は一つずつしかありません。
それぞれ特殊効果を付加することで個性を出し、終盤でも使える仕組みにしてあります。
またツクールMVではTPによる制御が可能なので、
弱い攻撃は出しやすく強い攻撃は出しにくくすることが出来ます。
何が言いたいかって言うと、せっかく作った下位魔法だもの。
最後まで使えたら胸アツですよね。


で、今年最後のトップ絵。

2017last

「THANX FOR 2017」
去年はタバサ。今年はカエデ。
御味噌屋は毎年パンチラで年越しですw

FFの基本的な攻撃魔法の中でも、割と上位の位置付けにあるのが重力魔法です。
グラビデとかグラビダとかですね。
古今東西、重力を操る能力者は好きです。
僕アカのウラビティの子とか海賊漫画の大将とかAct3くらいしか思い浮かばないですけど。

で、この重力を魔法で表現しようとすると簡単なようで難しいです。
私のゲーム「NASTURTIUM」には、
「グラビティ」という重力攻撃と、「アンチグラビティ」という反重力攻撃を
同時にしてくるいやらしい人がいます。
重かったり重くなかったり大変な状態になる感じです。

重力はカメラズームやパンとか使って画面歪ませたりとかで何とかなるんですけど、
反重力ってむずかしい・・・っていうか、反重力って何やか。
調べてみたらドラえもんの映画「鉄人兵団」のジュドのコックピットの中みたいなものらしい。
あー。なんぼバレリーナしても目まわらへんやつか。
ようわからん。

でも反重力は意外に簡単です。

キャプチャ

公式プラグイン「YEP action sequence」を用いて、
メモ欄にこのようにつらつら書きます。
そうするとあら不思議。

キャプチャ1

このように主人公パーティたちがふわふわ浮かぶんですねw
もちろんこれだけだと浮かぶだけでつまらないので、
もっとアニメやエフェクトを挿入したりしますけど。

って、これ「アンチグラビティ」というより「レビテト」じゃあないかw
「レビテト」・・・今までFFいろんなのやったけど、使ったことねぇw
「レビテト」って地震攻撃だけでなく、たしか毒の沼地も回避出来たんだけど、
いつからかそれも出来なくなりいよいよ使わなくなった魔法であった。

という感じでこのプラグインを用いれば大抵の魔法演出が可能です。
ただ「NASTURIUM」の全てのスキルでこのaction sequence使いまくってますけど、
あんまりカメラ振りを凝りすぎると処理が重くなるので注意です。
そのへんの対策もいろいろしてますけど、そのあたりはまた来年にでも。


ということで、年の瀬です。
「Teacher Runnnig」というくらいに先生方が走り回っているこの季節。
先週の金曜日はジョンレノン命日・真珠湾攻撃の日ということで、
近所の神社周辺はそれはそれはたくさんの日章旗を付けた車とパトカーが忙しなく走ってました。
みなさん忙しくしております。

当の御味噌屋はというと、本業は暇なんですけど、
いよいよ本腰いれて「NASTURTIUM」シーズン1、シーズン2の同時リリースを
目論んでいるため、スピード感を持って制作・調整作業に取り掛かろうとしているところです。
しかし多くの忘年会が待ち構えているため果たしてどれくらい泥酔状態で作業が出来るのか。
今の懸案事項はその一点ですね。

で、先日お話ししたマニュアル・チュートリアルの件ですけど、
NASTURTIUMは世界観・キャラなどを補足するためのサイトを作ることにしました。
というか、もう作ってます。
内容的には大したことないですw
アイテム図鑑のようなものがちらっとあったり、世界地図と歴史が載ってたり・・・。

ということで、今週のトップ絵。今年はトップ絵は今回含めあと2回です。

nasturtium
前述のホムペのトップ絵の予定です。


↑このページのトップヘ