御味噌屋

RPG maker MVでゲーム制作してます。 素材・プラグインなんかもご紹介できたら。 いや、まずはエターナる前に完成させねば。

実はこつこつモンスターグラを作成してまして、
100体近くあります。

どんなのかというと
27

こんな感じの動物のモンスターグラです。
ゾンビとかヤマタノオロチとか実在しないファンタジー系のは作ってません(笑)
苦手なんです。
いや、そもそも作成中のRPGにはファンタジーな生き物は排除してます。
いるのは野生の生き物、彼らは縄張りを侵されたときだけ攻撃してきます。
では敵は?人間の敵は、人間です。

そんなことはいいんですけど、
実はこのモンスターグラを用いてLINEのスタンプなんかを作って販売してます。
よかったら見てみて買ってみてくださいね!


噛みつきアニマルスタンプ
main


噛みつきアニマルスタンプ2
main




素材作りばかりやっていると、ツクール本体の機能を忘れちゃって大変なので、ここで息抜き。
本日はアップデートで新装された「スロットマシーン」プラグインをいじってみたいと思います。

導入は簡単です。「KADOKAWA NEW PLUGIN」みたいなとこから
slotmachine.jsと画像素材を定位置へ。(要は決められたフォルダへ。)
そしてプラグインマネージャーでプラグイン導入したら、
さっそくマップにおいてみます。

プラグインコマンドで「Slotmachine open」を入力だったかな。
ええい、とにかく早くやりたい!ということでやってみた。



キャプチャ1
まずはマップに置いた二人の女性と主人公。(左の馬と兵士は無視してね)
ちゃっかりマップフォグも導入してます。

キャプチャ2
こちらのアイドルに話しかけるとなんと1000コイン貸してくれます。
美人局ではありませんよ。

キャプチャ3
そしてついにコイン1000枚を握りしめ、こちらの水色髪の女性に話しかけると

キャプチャ4
はじまったァー。
今日は有り金全部使うぞー。

キャプチャ5
目押し成功!(できません)いきなり大勝利!


ということで、スロットマシーンのプラグインでした。
カジノの街を作りたい時に必須プラグインとなりますね!




上がらないっていうときは人様のゲームをやってみるといいです。
すでにRPGツクールMVを使ってのゲームが多数リリースされているので、
ちょっと詰まった時は誰かの作ったものをやってみると刺激を受けます。

今日ご紹介するのは「ブックモービル」というゲームです。
私がよく拝見させてサイト「RPGツクールMVでアプリリリースを目指す開発室」様の制作です。

すごく丁寧な作りになっていて、かつ独自の要素もあり、
ボリューム的にもちょうどよい感じの中編ですね。
こんな感じの良作がポンポン作れたらいいのにな。
とうらやましい限りです。


さて、私はというと、
3月8日にRPG maker MV 1.1.0のアップデートがあり、
新たに導入された「ガチャシステム」をどう使おうか迷っているところです。
でもガチャシステムって好きじゃないなあ(笑)

ということで、RPG maker MVによるゲーム制作の状況をお伝えするブログなんですけど、
実は進捗状況2%くらいです。

10月末の発売から早4か月。何やってたの?という感じです。
いえ、素材を頑張って作ってましたのです。

実はRPGツクールVX ACE時代に作ってたものを
MVに移管しようと思ったんですけど、
なんと素材の規格が違うという事実におおあらわ。
単純にVX ACEの素材を1.5倍すればいいじゃないかとお思いでしょうけど、
そうは問屋がおろしませんね。
ドット絵の拡大ってめんどくさいんですよ。
しかも1.5倍ときたからね。つまり拡大する前は1つのドットのものが、
ソフトの判断で1のままか2になるということになるんですよ。(わかりにくい)

最初は拡大して修正してってやってました。
しかしめんどくさいうえに、MVという最新ソフトに型落ちの素材使ってていいのか?
という葛藤の中ついに挫折。
もうめんどくさいことするならいっそもっとめんどくさく、
自分で作ってしまえ!ということで、素材作成開始。

サイドビュー用のモンスターグラ、キャラクター歩行グラ、アクターグラ
を中心に作ってます。
クオリティはともかく自分で作るっていいですね。

こんな感じのを作ってます。
いつかほしい人いたら配布できたらなあと思います。

キャプチャ
キャプチャ2



はじめまして。
omisoya といいます。

このたびはRPG maker MVを使ってのゲーム制作の
モチベーション維持のためにブログを始めることとしました。

さてこのRPG maker MVですが、
2015年10月発売のRPGツクールMVの海外版のことです。
私のツクール遍歴はというと、実にかれこれ20年以上になります。

一番最初に触れたのはダンジョンRPGでした。
ダンジョンに限定されていましたが、ものすごく自由度が高くて
当時小学5年生だった私には手に余るシロモノだったことを覚えています。

そしてほどなくスーパーファミコンでRPGツクールスーパーダンテが発売されると、
のめりこむようにツクりましたね。
しかしながら自由度の低さから完成することはありませんでした。

そして時代はプレステの時代となり、RPGツクール3が登場。
もしかしたらこのツクールが最高傑作だったかもしれないですね。
20年のツクール歴の中で先にも後にも作品を完成させたのは、
このRPGツクール3でだけです。
しかし中学3年生の時の作品なので、まあその、黒歴史というやつです。

そしてRPGツクール4、5、アドバンスといろいろいじってみましたが、
どれも家庭用ゲーム機の限界からか(自分の根気のなさからです)
作品を完成させることはできませんでした。

じゃあコンシューマー版ではなくて、PC版ではどうかなということで、
RPGツクール2000を購入。これはなかなかの佳作でした。
しかし一気に増えた自由度のせいか(自分の根気のなさからです)
やっぱり完成の日を迎えることはありませんでした。

長らく構想を練っていたものがあったので、それを早く形にしたくて
当時最新版RPGツクールVX ACEを購入。
2000に似てすごく扱いやすいなということで、サクサク作りましたが、
当時同時期にウディタというフリーの高性能ソフトがあることを知り、少し浮気。

結局なんだかんだでここまで来て、20年間で1本というものすごく
恥ずかしいツクール遍歴となっています。
このたびはRPG maker MVがなんか自分に合ってたような気がするので、
のらりくらりと作成中。
しかしモチベーションが上がったり下がったりして作業効率が進まないので、
このたびはブログで制作状況を伝えることにしました。
次こそはエターナることのないよう頑張りたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。













↑このページのトップヘ