御味噌屋

RPG maker MVでゲーム制作してます。 素材・プラグインなんかもご紹介できたら。 いや、まずはエターナる前に完成させねば。

ということで、運命の年2020年が訪れました。
いやー、この年を待っていた!
特に何かあるわけでないですけども・・・。

今年こそはいろいろやりたいと思います。
いろいろ周辺環境を整えたので、いろいろと目論んでます。

ということで今年のトップ絵。
「黒ちびねこヴァルキリー紅」
イラスト36

「素材屋御味噌屋」では、あなたのオリジナルゲームの
キャラ・モンスター・立ち絵・1枚絵などのイラスト素材や楽曲などの音楽素材の制作のご依頼を御受付いたします。

ご連絡は omisoya6119@gmail.com まで。 
※現在休止中     

詳細はこちら


戦闘曲って大事ですよね。
やっぱりゲームの神曲って戦闘曲であることが多いっすもんね。
自分もRPGやってて「この戦闘曲ええなぁ。」と思う曲はたくさんあるし、
その曲はいつまでも聞いていたいので、
戦闘をさぼって聞き入っちゃうこともしばしば。

ということで、いつかは自分で作ってみたかった戦闘曲。
 これが作ってみるとなっかなかに難しかった。。。
自分の中でこうしたいというビジョンがないとなかなか完成しませんね。
これは歌ものも一緒だし、音楽だけでなく何事でもそう。
ビジョンを明確にしておかないと、終わりが見えない。

ということで、こうしたいビジョンというものを羅列することから始めました。

・ストリングスやブラスで緊張感を煽りたい
・基本はバンドサウンドでいきたい
・ベースはぶりぶりさせたい
・ピコピコサウンドを入れたい
・起承転結を表現したい
・聞きやすさよりもかっこよさ重視

ということで、羅列していくと結構見えてきます。
コード進行に沿ったストリングスやブラスコードのメロディを、
ベースがぶりぶりしたバンドサウンドにねじ込んで、
キーのコードを分解して作ったピコピコサウンドを入れればいいのです。

って簡単に言ってみたけど実際作ると大変だったw
1分半の曲2コ作るのに1週間かかってもうたやないか。

ということで、作ってみた2曲。



最初が通常戦闘で2曲目がボス戦です。
あまりかけ離れたものにならないよう、
あえて2曲のキーは同じにしています。

そうだなぁ。今制作してるものが落ち着いたら、
音楽素材とイラスト素材のクリエイターでやっていこうかな。。。
ゲーム制作はやっぱし果てしないw


ということで、いろいろなんやかんやしていたので近況でも。
最近はめっきり涼しくなりましたね。
私の住む千葉県は台風15号にやられて大変でした。
まだ友人の中にはブルーシートの屋根って方もいますね・・・。
私も直撃した日だけですが、電車が思うように動かなくて大変でした。
うーん。もしかしたら千葉県史上最悪の災害だったのかも・・・。

で、それに追い打ちをかけるように、本業の方でもてんやわんや。
10月1日から消費税が上がるということで、
駆け込みで新型パソコンとフレッツ光導入を決めたもんだから・・・。
その業務をほぼほぼ一人でやってたので、結論から言うとかなり痩せましたねw
 新型パソコンはですね、来年1月にサポートが終了するwindows7から10への切り替えのため。
このへんのは自分のパソコンでもやらないといけないんだよねえ。。。

外に持ち出し用のポータブルパソコンはwindows8.1なんですけど、
メインのパソコンがまだ7だから困ったもんで。
ポータブルのはポータブル出来ていいんですけど、画面がちっさいため、
ツクールMVでもメッセージ打つとき大変なんだよねぇ。。。
いっそのことすべてwindows10の最新マシンにしてまおうか。お金はないけど。
でも・・・いまだにwindows10のUIに慣れませんね・・・。

んで、最近はゲーム作りはというと、ようやくプラグインの仕組みをわかってきて、
ようやくプラグインをいじって遊べるようにまでなりました。
簡単なものなら作れるようになったんだけども、時間かかったぁ・・・。
まぁ出来るっていうてもほんと簡単なもので、
ウィンドウを作ってその中に情報をぶち込むというくらいのものです。

これは今からマスターしようと思ったらあと10年くらいかかりそうなので、
このへんにしておきます。

「NASTURTIUM」もある程度出来てるんですけど、
いざ自分でやり返してみると「うーん」というとこがあって、
そこはアイデアが固まるまで寝かせてみたりしていました。
今はぼちぼち再開した「NASTURTIUM」の調整と、
新ゲームの企画の方を練ってる段階ですね。
新ゲームの方はお金つかうことになるんで、
予算をしっかと組まないと・・・組まknightですが。

season1宣伝

星空すみか様に描いていただきました!
ゆるふわでかわいいタッチでひとめぼれ!

ということで、先週の日曜に行って参りました、TGS2019。
IMG_0316
IMG_0318
いやー、すごか人やったけぇ、ただただ疲れた。
開催場所の幕張メッセはうちから車で20分ほどの距離なんですけど、
世界最大級のゲームショウということもあって、
絶対道大渋滞じゃあと思ったので、電車で行くことに。
まぁそんな、ゆうほどは渋滞していなかったというw

実はTGSは人生で2回目です。
1回目は23年前、中学生の時に参加しました。
まだ有明でやってたころだったような・・・。
おそらく第1回開催の時だったと思いますね。
クラスのゲーム友達と行った記憶があります。
確か入場するなりどっさりと資料をもらえましたね。
そしてプレステとサターンの全面戦争期だったからか、
すごい熱量だったのを覚えております。
当時はゲームと言えば、64、プレステ、サターン。
もしくはPC、アーケードくらいだったような気がする。
今と比べると・・・わかりやすかったなあ。

して、23年ぶりにTGSに行ってみて思ったこと。
まぁ、まず・・・ステーキ丼が美味しかったということ。
これは中学生以下の子どもがいると入れるステージがあり、
そこでオムライスやら、カレーやらが売っておりまして、
アリーナ席で自由に食べることが出来るというサービス。
これはありがたかった。
ステーキ丼がめっちゃうまかったということが1点目。

2点目としては、コナミ・カプコン・スクエニ・セガなどの
大手メーカーのブースには近寄ることすら出来ないということ。
このあたりの人気ゲームメーカーのブースは常軌を逸した人混みであり、
やはりまともに近づくことは困難でした。
遠くの方から何のゲームかなぁくらいは確認出来ますけど、
立ち止まることすら出来ないので、やはりまともには見れなかった模様。

3点目。これは去年は例外的に参加があったので何ともですが、
やはり日本のゲーム界は任天堂なくしてはありえないこと。
世界の任天堂はTGSには参加しないスタンスを取っており、
昨年はどういう風の吹き回しか気まぐれに参加しただけで、
20年以上の歴史を持つTGSへの参加は基本的にはありません。
しかしこのだだっ広い会場にマリオやカービィ、ポケモンがいないというのは、
大変さみしいものであったというだけでなく、
この3つのゲームファンであるうちの子ども2人には、
TGSとは非常に退屈なものであるという印象を与えてしまったのが残念。
入場して30分で「帰りたい」は勘弁してほしいw

しかしこの任天堂が参加しない理由というのが、
・TGSが有料イベントであること
・関東での主催であること(本社が京都府である)

ということらしいんですけど、
海外の有料イベントには参加してるんでこれだけが理由ではないんでしょうね。
ただ任天堂が参加したら・・・と思うとゾッとします。そう、あまりの人混みにw
日本のゲームメーカーってローランド様風に言うと「任天堂か、それ以外か」なんですよね。
確かに全世界的な売り上げでいくとソニーなんでしょうけど、
日本人の心の中にはやはり「ゲームは任天堂」が根強いと思うんですよね。
まぁでも自前で開催出来るものにわざわざ参加するだろうかというのもあります。

日本のゲームを牽引する任天堂には来年こそは出ていただきたいなあ。
子どもが喜ぶのでw



↑このページのトップヘ