御味噌屋

RPG maker MVでゲーム制作してます。 素材・プラグインなんかもご紹介できたら。 いや、まずはエターナる前に完成させねば。

「素材屋御味噌屋」では、あなたのオリジナルゲームの
キャラ・モンスター・立ち絵・1枚絵などのイラスト素材や楽曲などの音楽素材の制作のご依頼を御受付いたします。

ご連絡は omisoya6119@gmail.com まで。

詳細はこちら


ということで、いわゆるアプリゲーにおいてはしばしば広告に遭遇することがありますね。
その広告を見ると「ネコ〇ン10個」くれるみたいな特典もあったりなかったり。
この広告によって他の面白いゲームを知るきっかけになったりするわけですね。

ちょっと自分のゲームでもこの広告的なものを採りいれられないかと考えていました。
フリーゲームなので広告料をいただくということはありませんが、
コラボ的な感じがしていいシステムだと思います。
以下の画像のような数秒で変遷していく広告をゲームの街中に出す感じです。

キャプチャ

今はサンプルとしてカジノ屋の壁にミュージシャンのフォトをディスプレイしていますが、
これは数秒毎に異なる広告に変わっていくというものになってます。
この広告アイデアは「渋谷109」からヒントを得ましたw
109の巨大広告って出すのになんぼかかるんかわかりませんが、
1日平均40万人弱が乗り降りする渋谷駅を降りたらすぐあの看板ですからね。
それは広告効果は絶大なものがあるでしょう。

ということでゲーム内でもよく使う街の中にこのディスプレイを置くことで、
広告効果をある程度期待できるのではないかと思います。
自分のほかのゲームの宣伝でもいいしね。
あくまでもゲームをやっているので、あまり宣伝宣伝するとプレイヤーが鬱陶しく感じるかもなので、
これくらい控えめな広告ならむしろ楽しいギミックなんじゃないかと思います。

ではでは。


ついにあけました!おめでとうございます。
新時代「令和」がはじまりました!
新年って感じでよォ、すげー爽やかな気分だぜェですね。
よろしくお願いします。

ということで、10連休だったため更新がストップしておりました。
御味噌屋です。
長かった10連休もあっという間でした・・・。
では、その間何か形になるものは出来たのか?というと・・・。
家族との思い出。それはプライスレス。
いやーもう、アホほど混んでて千葉から出られんやったw

しかし、ちゃんと何かしらはツクっておりました。
いえ、ほとんど音楽にかかわることをやってました。
近々2曲ほど同時にアップする予定でありますね。
早く音楽制作から抜け出したいでござるが、
この2曲が終わればもう歌ものはおしまいです。
いい感じで出来てるので、早くアップッぷしたい。

そしてこの新時代「令和」になっても、この御味噌屋の正しいと信じる夢は変わりませんッ!
はやく、そして確実にゲームを完成させること、それだけです!
ではでは!

イラスト487
今週のトップ絵「新時代ですよ~。」




ということで、新曲が出来ましたのでご紹介。




届けたい想い~Will for you~
作詞 御味噌屋
作曲 御味噌屋
編曲 御味噌屋
歌 宮越 あまね 様


ああ 離れないで 見捨てないで 何時も傍にいて
ねえ 塞がないで 動かないで 貴方を閉ざさないで     


行かないで 独りきりじゃ 素裸足で 歩けなくて
止めないで あと少し ただ貴方の 吐息が眩しい


泣かないで 想い出達よ 今この胸に零れる涙
気付かないで 震える程 壊れる程 突き刺す想いは何


ああ 離れないで 見捨てないで 何時も傍にいて
ねえ 塞がないで 動かないで 貴方を閉ざさないで    
ああ 離さないで 変わらないで ずっと此処にいて
ねえ 試さないで 騙さないで 想いを拒まないで

I've just find the light, so I could be alright.
今届け 溢れるこの想い


冷めないで この温もり 癒しの雨が 降り続くとも 
構わないで ママ 木漏れ日が 痛みくれるまで 


消えないで 在りし日の子よ 今この空に溢れる光
絶やさないで 苦しい程 眩い程 揺らめく想いは何


ああ 離れないで 見捨てないで 何時も傍にいて
ねえ 塞がないで 動かないで 貴方を閉ざさないで    
ああ 離さないで 変わらないで ずっと此処にいて
ねえ 試さないで 騙さないで 想いを拒まないで

I've just find the light, so I could be alright.
今届け 溢れるこの想い


ああ 離れないで 見捨てないで 何時も傍にいて
ねえ 塞がないで 動かないで 貴方を閉ざさないで    
ああ 離さないで 変わらないで ずっと此処にいて
ねえ 試さないで 騙さないで 想いを拒まないで


ああ 怖れないで 隠れないで 何時も傍にいて
ねえ 躊躇わないで 戸惑わないで 貴方を閉ざさないで

I've just find the light, so I could be alright.
今届け 溢れるこの想い


曲作りというのはゲーム作りはよく似ていて、どちらも苦しいものです。
楽しく出来上がれば最高ですが、なかなかそうはいかないもの。
したがって楽しい中で出来るのが一番です。
しかし「曲を作ろう!」と思ってもなかなか出来ないもの。
曲が出来る時というのは心の中でもう出来上がっているのです。
つまり「曲を作ろう!」を心に浮かんだ時すでに行動は終わっているのです。
「曲を作った!」ならいいのです。
「曲を作ろう!」なんて言葉は曲が出来てから言うものだということですw

何のこっちゃでしたが、
イメージとしては御味噌屋の大好きなバンドの「the smiths」の
「There is the light that never goes out」からだいぶヒントを得てます。
「ここに決して消えない光がある。」というこの「光」って何やねんということを10年くらい考えてます。
歌詞の中にも全くこの光についての説明はありません。推測するしかありません。
でもこの光っていうのは人それぞれだと思いますね。
それは「希望」であったり、「夢」であったり・・・。
でもきっとそれは「願い」なんじゃないのかなと思います。
人は何かを願うことで生きていけるのではないでしょうか。
願いを込めることに重点を置いて作った曲であります。
そういうことで歌詞に「I've just find the light, so I could be alright.」
「私はちょうどその光見つけたから、多分大丈夫。」という一節を入れてます。

楽曲は制作中のゲーム「NASTURTIUM」のシーズン2の挿入歌となっています。
ゲーム内の歌手「カレン=メイベリー」の歌う曲という設定です。
このカレン=メイベリーはやはり御味噌屋の大好きな女性歌手である
カレン・カーペンターとローレン・メイベリーをモデルにしています。
今回の歌は宮越 あまね様にお願いしました。
この御味噌屋のイメージ通りに素敵に歌っていただけました。
宮越様ありがとうございます。

ただDTM的にはものすごく苦労した曲でした。
ただ苦労した甲斐あって今までと違うものが出来ましたね。
毎回ミキシング・マスタリングで悩むんですが、
これはプロに頼んだらいいのにっていつも思います。
でもどうしても自分でやりたいんですよね。
どっちかって言うとミキシングですね、いつもあーでもないこーでもないって。
すべてのパートがクリアに聴こえるように、つまり周波数ごとに棲み分けをする作業です。
アナライザなどを用いて視覚的にやりつつも、自分の耳を頼りながらやるわけです。
これはもうね、生活音のある中では出来ないんですよ。
みんなが寝静まったあとひっそりとやるしかないんです。
なので自分のDTMルームが欲しいw完全防音のw
このへんはプロはさすがですね。今度お願いしてみようかしら・・・。
ただDTMって面白いんです。バシっと決まるバランスみたいなものがあって、
その決まった時に脳汁が出るんですけど、この快感は人に頼んだのでは得られません。

また御味噌屋の得意技として「歌い手さんの女性の歌音源からイケメンボイスを作る」
というものがありますが、いい感じに出来ました。
知り合いからはよく「これは誰が歌ってるの?御味噌屋?」って聴かれますが、
いやいや私なんかが歌ったら大変なことになるw

そして今回はちょっとした動画を作ってみました。
とはいっても、まばたきをするだけですがw
これだけでも大変なんですよねw

ということで、曲紹介でした。ゲーム制作も順調に進んでますよ・・・w


ということで、
これだけはあってはならないという事態が起こってしまいました。
人間そういう事態を想定すべきですし、想定していたはずなのに起こってしまった。
もう放心状態であります。ぐうの音しか出ない。

何かというと音楽制作に関してのことですが、
私の使用しているシーケンスソフト「cubase」には「2GBのカベ」というものがあります。
プロジェクトファイルそのものの容量ではなく、
主にmidiファイル、それからvstプラグインなどなどプロジェクトを開いた後の容量のことです。
あまりにインストパートが多かったり、エフェクトをかけすぎていると容易に2GBに達します。
2GBを超えるとどうなるかというと、プロジェクトファイルが開かなくなります。
こうなるともう・・・だめです。
で、現在制作中の楽曲がこの事態に陥りました。。。
対処法としてはすべて予防策になりますが、
完成したmidiファイルはすべてオーディオファイルに変換するなど、
PCに負荷のかからないように細心の注意を払わなければならないもの。
しかしちょっと気を抜いていたら最悪の事態に。。。
ああ、どうしよう。バックアップはあるものの。。。
昨日3時間くらいずーっと缶詰でやっていたものがパア。

思い返せばたとえば1つのボーカルパートだけでも、

・オケ馴染ませ用リバーブ
・空気感用リバーブ
・ディレイ
・コーラス
・低音カット用イコライザー
・艶出しイコライザー
・コンプ
・ディエッサー

計8種類のエフェクトをかけてました。
しかもこれは1つのボーカルパートのみの話で、
ボーカルパートはさらに左右にパン振りしているものもあるので、
メインボーカルだけでも3こ、ハモリパートが2こ。
ほかにも楽器がわんさかいますからね。。。
そりゃあかんわ・・・。

しかし愚痴を言うなら、2GBでカベって・・・。
今この・・・例えるなら「AIロボットが人間に反旗を翻す恐れが・・・!」
とか議論しているこのご時世にたかだか2GBでカベって・・・。
ネコカベよりもうっすいカベじゃあないの。。。
いや、自分のPCの低スペックさを嘆くべきです。
しかし手慣れたものって大事にしたいんですよね。
はっきり言ってPCもcubaseも型落ちのものですけど、
長年使ってるから操作も早いし、新しいものがいいとも限らないからね。
でもそろそろ潮時なのかもしれませんね。
今年は元号も変わりますし、心機一転でPCでも新調してみましょうかね。








↑このページのトップヘ