御味噌屋

RPG maker MVでゲーム制作してます。 素材・プラグインなんかもご紹介できたら。 いや、まずはエターナる前に完成させねば。

「素材屋御味噌屋」では、あなたのオリジナルゲームの
キャラ・モンスター・立ち絵・1枚絵などのイラスト素材や楽曲などの音楽素材の制作のご依頼を御受付いたします。

ご連絡は omisoya6119@gmail.com まで。

詳細はこちら

キュアップラッパパ。
さて、クリスタを駆使出来るようになったので、
ツクらないといけないスチルにとりかかることにしました。
しかしこれがね・・・時間かかんのよねw
まず枚数は大したことない。

オープニング用
シーズン1エンディング用
シーズン2エンディング用
シーズン3エンディング用
シーズン4エンディング用
トータルエンディング用
ボーナス用

という具合に7枚描けばいいだけだからね。
何が時間かかるのかって構想に時間かかる。
例えばアルファ版のエンディング用スチル。これ。

image

構想から含めて完成まで一週間かかっています。
今見ると雑だしツメが甘く修正の余地が大分あるんですけど、
アルファ版を端的に表すことが出きたかなと思います。
最も時間がかかったのは構図。
主人公二人はともかく街並どうしよっかなぁと思って、
仕事帰りに新宿やら浅草やらに写真撮りに行ったんだけど、
結局市ヶ谷の会社の隣で撮影w

しかし今日、やっとこさトータルエンディングのスチルが完成しました。
これは・・・突然神が降臨してきて久しぶりに充実感のある絵描きでした。
ちょっとかなりの自信作なんだけど、ウルっと泣ける一枚になってます。
ネタバレになっちゃうので、お見せできないのがもどかしい。
これはシーズン4を終えたあとのお楽しみということで!
しかしこれを使う日が来るのか!?
いや!!!人間に不可能はないッ!人間は成長するのだッ!
してみせるッッッ!

ということで、前回だけではご紹介できなかったので今日は第2弾。


「負けるなよ、上杉和也に」
「タッチ」よりイケメン新田明雄の言葉。
夏の甲子園地区予選決勝で新田擁する須見工を破った明誠学園エース上杉達也。
5打数2安打1本塁打(1三重殺)という本来のチカラを発揮できなかった新田は、
試合終了後のあいさつの際、タッちゃんに向かってこの名言を口にしたのでした。
これはどういう意味なのでしょうか。
2年前に死んだ弟、和也は新田の中でも絶対的な存在です。
新田の中ではまだ、和也>達也なのでしょう。
いまだ越えられぬ和也の壁。今後その壁にぶち当たっても負けるなと。
また達也にとっても同じく和也は絶対的な存在です。
壁にぶち当たった時に、「和也がもし生きていたら・・・」
「上杉和也なら涼しい顔をして乗り越えている・・・」
こんな感じで達也の中に巣食う「和也コンプレックス」に負けるなということでしょうか。
地区予選中、和也がチカラを貸してくれていると達也は言っていました。
しかしそれも甲子園にいくまで。そこから先はもうチカラを貸してくれません。
逆境に直面した時頼れるのは己自身であり、己に克つ他ないのです。
つまり「上杉和也に負けるな」=「上杉達也、自分自身に負けるな」
イケメンはいつだって深イイ言葉を言うものです。

「100人目の獲物にしてやるッ」 
「るろうに剣心」より志々雄真実の部下尖角の言葉。
新月村で志々雄真実と対峙した人斬り抜刀斎。
しかしその村を統治していたのはロケット頭のゆるキャラ「せんかくん」だった!
襲い来るせんかくん。なんと彼は人間を99人殺してきたらしい。
ちなみに98、99人目は弥彦もどきの少年の両親です。
せんかくんは100人目の獲物になんとこともあろうに人斬り抜刀斎を選んだのでした。
しかしせんかくんは抜刀斎の仕掛けた罠にかかり自滅。
齋藤さんの仰った「100人目は自分のようだな。」が現実のものに。
しかし100人近く殺めてきた。これは悪人の最低条件なんでしょうね。

「100人から先は覚えていないッ」
「北斗の拳」より修羅の国編、羅将ハンの言葉。
羅将ハンクラスになると99人目くらいまでは律儀に数えてました。
しかし100人目から先は数えられません。
うちの6歳の息子は100まで数えられるようになりました。
しかしハンが数えられないのではなく、覚えていないのです。
これは覚えるのがめんどくさくて覚えていないということです。

「今まで食べたパンの枚数覚えてるわけ?」
ジョジョ1部よりDIO様の言葉。
DIO様クラスになると人の命はパンと同義になります。
99人だろうが、100人だろうが、100人以上は覚えてなかろうが関係ありません。
DIO様にとっては人間の命は食べ物程度の価値しかないのですから。
いちいち覚えてられるかという答えにDIO様なりのアイロニーたっぷりなスパイスをまぶした名言。
まあたしかにパンの数なんて覚えてられないわなw
昨日の夕飯ですら思い出せないのに、今まで食べたパンの枚数など況やをやです。

「パンがなければブリオッシュを食べればよいッ」
DIO様がパンがどうのこうの言ってるけども、パンなんて所詮庶民の食べ物。
それさえ食べられないド貧民は何を食べるの?
パンがなければケーキを食べればよいのだ。
マリー=アントワネットの言葉ではなく、
フランスの高貴なマダムが口にした言葉であるとされています。
世間知らずなのか、庶民をディスっているのか、真意はわかりませんが、
格差社会を真正面から清々しく肯定する艶のある名言ですね。

「天上天下唯我独尊」
仏教の始祖ガウタマ=シッダールタが生後まもなく発したとされる言葉。
ド貧民も庶民も高貴なマダムも関係ない。我こそが唯一尊い存在なのだ。
でも本来は「天の上にも下にもただ私だけが尊い」というジコチューでゴーマンという意味ではありませんね。
「天の上にも下にも自分という存在は一つしかない。だから尊い。」
命はみな平等で尊いんですよということ。さすがお釈迦様。

「人生は計画を立てている間に終わってしまう」
言わずと知れたモンスターバンド「BEATLES」の「ジョン=レノン」の言葉。
人生50年。下天の内を比べれば夢幻のごとく、人生は儚く短い。
早よツクらな人生が終わってしまう。悠長に計画など練っている暇はない。
考えている間に、早くツクろう!で、ないと人生が終わってしまう!!!
命短し、恋せよ漢。いや、ツクれよ漢。

「だんだんと消えていくくらいなら、激しく燃え尽きたほうがマシだ。」
御味噌屋の敬愛する伝説のグランジバンド「NIRVANA」のギターボーカル「カート=コバーン」の言葉。
「死ぬときは前のめりがいい」
日本の夜明けを切り開いた坂本龍馬も同様の言葉を仰っています。
老いさらばえてみすぼらしく衰えていくならば、
いっそ爆発力のある若いうちに全力を出し尽くしたいということです。


ということで、今週のトップ絵。
リクエストのありました「NASTURTIUM」シェリーの「パンツであやとり」

パンアヤ2
「今日は洗濯日和ですねー。」洗濯当番なシェリーなのでした。

キュアップラパパ。

さて、パワプロアプリは現在、
漫画「グラゼニ」とのコラボで「ゼニペナ」というイベント開催中です。
「グラウンドにはゼニがコロがっとるけぇのぅ」という、
お金目線で野球を描くという異色の野球漫画です。

この「ゼニペナ」は御味噌屋は好きです。
ゼニを稼いで選手をスカウトしてチームを強くしてまたゼニを稼ぐ。
おもしろい。
選手の能力ごとにスカウトするための金額が決まっており、
強い選手は高額ですが、それなりの選手はそれなり。
で、この選手については自分で作らないといけません。
しかし最初の方は稼げる額が少ないので、
わざと弱い選手を作らないといけないというもの。
いつも全力で育成しているのに、
わざと手を抜いて育成するというのはなかなか骨が折れるもの。

で、私は常々シュミレーションRPGを作りたい御味噌屋である。
このお金で戦士を雇って戦うというゲームを作ってみたい。
ドラクエ3はルイーダの酒場で戦士を雇えるが、
無償だし勇者とともに成長していくので少し違う。
FFTもモブを雇えるが、これもドラクエ3に少し似てる。
そうではなく戦士のパラメータに応じて雇い入れ出来る金額が異なり、
最初はモブ戦士しか雇えないけど、お金が貯まれば無双戦士が雇えるというもの。
成長はしないためモブ戦士は途中で戦力外となっていく感じですね。
やがて無双戦士も戦力外となり、伝説戦士に取って代わられるという。
で、雇い入れた戦士で軍団を作って、敵の軍団と戦ったり同盟したり・・・
難しいな!!出来る気がしねェ!
でもやりたいの。

キュアップラパパ。

さて、昨日放映していた「芸人先生」というNHKの深夜番組が大変勉強になったなぁ。
内容としてはお笑いコンビのバイきんぐの2人が、
玩具製造販売大手「タカラトミー」の本社でビジネス講座をするというもの。

テーマは「創る切り口」でした。
お笑い芸人と玩具の企画では畑違いのような気もしますが、
斬新な玩具の企画を産みだすということは、斬新な「コントネタ」を産みだすことに等しい。
クリエイターという意味ではほとんど同じなんだなぁと。
「クリエイティブな発想」を産みだすことに悩むという意味では同じですね。
これはツクーラーも同義です。
いかに誰もやったことのないゲームを産みだせるか。

1.「設定はベタに」
設定はベタなものが好ましいということらしいです。
小峠先生は「設定を斬新なものにすると、入り口で拒絶される。」と仰っていました。
奇をてらい過ぎると第一印象の時点で共感を得られないということですね。

第一印象ってとても大事です。
これはコントに限らず、マンガ、アニメ、ドラマ、映画、小説、ゲーム、
もっと言えば人間関係だってそうですね。
途中から面白くなっても意味がないんですよね。
入口で拒絶されたらそれでおしまいですからね。
真っ新の状態でぐっと引き込むには第一印象を良くしないと。
最初の段階で興味を持ってもらうには、設定はベタなものが好ましいということです。
これは何故でしょうか。

設定というものは作品の土台・ベースになる部分ですね。
例えば国民的RPG「ドラゴンクエスト」は一貫して、
「魔王討伐のため勇者が旅をする」という設定がベースになっています。
いわゆる王道。
王道とは現在は「定石」という意味ですが、「ベタ=王道」と捉えることが出来ます。
王道とは数多くの共感を得た「共通項」の抜粋であり、有力な「最善策」であり、
やり尽くされて手垢のついた「妥協点」でもあります。
しかし王道は最初から王道ではなく、マジョリティから支持を得ることで王道になるのです。
つまるところ王道とはマジョリティからの支持の結晶。
作品の第一印象となる設定は、マジョリティの支持の得やすいものが好ましいということです。

「主人公は真正細菌の姿をしており、人間の腸内で覇権を争うゲーム。善玉菌も悪玉菌もオレが倒す。」
といったゲームを今とっさに思いつきました。
こんなん面白いと思うでしょうか。いや、面白いかもしれないw
しかしこれがマジョリティの支持を得られるでしょうか。得られるとは思いませんね。
設定とは作品全体の世界観を決定づけるものです。
マイノリティにのみ支持されるニッチなものではマジョリティの共感は得られません。
まずは設定はベタに。ベタなもので構わないということです。

また、普遍性という言葉があります。
すべてのものに通じる性質のことであり、転じて多くの人が共感を覚える性質のことです。
「プリキュアは激かわゆい」
これは全員ではないものの、マジョリティの共有する共通認識であり、
いわゆる普遍性に該当する言葉です。
日本音楽史上最もセンセーショナルなデビューを果たした宇多田ヒカル氏は、
「個性は普遍性の中にある」と仰っています。
つまり奇をてらったものではなく、
みんなの心の中にある普遍的なものの中でこそ個性は光るものであり、
そこからオリジナリティは生まれていくものと仰っています。
「ベタ=王道=普遍性」
設定についてはあえて奇抜なものよりも、みんなが共感出来るものが好ましいのです。


2.「新しい観点で斬り込む」
しかし設定がベタなだけでは、新しいものはクリエイト出来ません。
では、どうするか。

バイきんぐの代表的なネタに「帰省」というコントがあります。
設定は「帰省」。久しぶりに帰ってきた子どもと親の会話のコントです。
さして斬新なものとは言えませんね。まぁよくある設定かと。
しかし実は帰ってきた子どもは「性転換」をしていたという斬新な「切り口」でした。
つまりあくまで設定はベタに、しかし切り口は斬新に。
「切り口による変化」をつけるべきと小峠先生は仰っていました。
娘が帰ってきたらおっさんになっており「何て日だ」ということです。

王道は王道として、観方を少し変えてみるということですね。
例えば設定は「魔王を倒すために旅をする」という王道だとして、
「SNS連動で「いいね」をもらった分だけ進める双六形式のRPG」
みたいのはどうでしょうか。これもバイきんぐの番組からの受け売りかw
敵と戦って経験値やお金を得るのではなく、
SNSで「いいね」をもらうために試行錯誤をするというRPGという例ですね。
いかにインスタ映えする風景を撮れるかみたいな。
面白いかは置いといて新しいアプリゲームのアイデアの一つにはなりますね。
あくまでベースは王道で、しかし切り口は斬新に。

「NASTURTIUM」以降のゲーム制作のヒントになった気がしました。
とりあえず決まっているのは「NASTURTIUM」でツクールは卒業だなぁ。
これからは「Unity」もしくは「UE」でツクることになると思いますが、
猛勉強が必要ですね。

古今東西、名作と呼ばれるものに名言ありです。
名言が創るカルチャーというものもありますからね。
心に残る名言を生み出してみたいものです。
では、古今東西名作の名言をご紹介してみます。

「よけろナッパ!」
ご存知「DB」のべジータの名言。
クリリンの必殺技「気円斬」を受け止めんとする脳筋ナッパに対して向けられた言葉。
技の性質を見極めたうえで受け止めるなり避けるなり、
頭を使って戦いをしなければならないのが戦闘民族です。
避けることは恥ではなく、考えもせずに敗れ去ることこそ恥なのだ。

「毒が裏返るッッ!」
ファンタジー格闘漫画「バキ」より。
既に毒に冒されていた範馬刃牙はやはり毒を使う敵に新たに毒を注入されたとき、
色んなものがスパークして、結果的に毒が治ってしまった際に烈海王が発した言葉。
「毒をもって毒を制す」とはよく言ったもの。

「日に30時間の鍛錬という矛盾のみを条件に存在する肉体ッ」
やはり「バキ」より、ジャックハンマーが己の鍛錬を自慢していった言葉。
言ってる意味がわかりませんw
まぁものの例えですよねw
30時間分にも相当する密度の高い鍛錬をしなければ、その肉体にはなれないということでしょう。

「食うん
同じく「バキ」より烈海王の言葉。
毒が裏返り本格的に体調を戻した刃牙。
しかししおしおの身体では激戦には耐えられない。
応急処置的に烈海王が用意したのは大量の手料理であった。
「あんたほんっとーに優しいのな」
という刃牙に対し、このカンフー使いが顔を赤らめながら放つこの名言。
それはまるで、風邪をひいた主人公に手料理を振る舞って主人公にからかわれながらも、
「べ、べ、別にあんたのためじゃないんだから!
たまたま食材が余ってただけなんだからね!
いいから早く食べなさいよ!」とのたまう
ツンデレ美少女ヒロインに脳内変換出来るほどである。
まさに「バキ」における理想のヒロイン像である。

「てめーは俺を怒らせた」
「ジョジョ3部」の承り太郎がDIOを倒した後に言った言葉。
「なぜDIOは敗れたのか」その敗因はたった1つ。
承りの方が強かったとか、スタプラがザ・ワールドと同じ能力を持っていたとか、
DIOの想定の範囲外だったとか、主人公は最後には勝つものとか、
そんな理屈はどうでもいいんです。
とにかく承りが怒っていたから。それだけだぜ。

「呼吸は俺の方に合わせろ」
「うろジョジョ」11話「おじいちゃんVSエンプレス」より波紋使いシーザー・ツェペリの言葉。
エンプレスのスタンドチュミミンに寄生され苦戦する老ジョセフ=ジョースター。
彼の前に現れたのはかつての盟友シーザーだった。
夢か幻か!?50年前に死んだはずのシィィィィザァァァァ!
2人で放つプラスの波紋とマイナスの波紋。相殺してダメージは0じゃあないの?
というツッコミはさておき、これは胸アツだったなぁ。
うろジョジョはバニラアイスさんが50人以上の声を一人でやりつつも、絵まで自分で描いてるからすごい。
絵もうまいんだよなぁ。何でも一人でやるっていうのがすごく好き。

「左手は添えるだけ」
「スラムダンク」より、山王戦でブザービーターを決めんとする桜木花道の言葉。
最強山王工高のゾーンプレスとエース沢北の猛攻を凌ぎなんとか追いついた湘北高校。
残り時間数秒。ワンゴールで逆転。
頼れるのはやはりエース流川楓しかいねえ!
しかしダブルチームで流川を止めにかかる山王!もう時間がない!しかもシュートコースもない!
しかし、こいつがいた。同じく一年生のやるときはやる男、桜木花道だ。
流川は作中、ほとんど花道にパスを出していません。ほとんどなので全くではないです。
対して花道も流川にはほとんどパスを出していません。ほとんどなので全くではないです。
この2人はお互いにパスを出せない存在なのです。
しかし桜木花道の言ったこの名言が流川にパスを出させました。
安西先生の仰っていた流川が天才仙道に及ばない点。
それは仲間を信頼し、時に仲間を頼り、時に仲間をうまく使うというチームプレイだった。
かくして桜木花道にパスを出した流川。
あくまで左手は添えるだけ。
左手でシュートコースをフォーカスし、
右手は右手の力だけでなく全身のバネを使って最高到達点で手首スナップを利かせ撃つ。
シュートの基本である。
最後は基本。基本がなってないとダメなんだ。
スラムダンクでもなく、平民シュートでもなく、最後は基本のジャンプシュート。
そこがスラムダンクの名作たる所以だ。

「ルミナスは添えるだけ」
ふたりはプリキュアマックスハートより新たに加わった戦士シャイニールミナス。
プリキュア2人が前衛特攻型なら、彼女は防御に特化した後方支援型である。
ルミナスは攻撃に参加しない?
そんなことはないです。彼女はそこにいるだけでいい。
ルミナスは添えるだけ。それだけでいいんだ。

「俺たちは戦隊だからな」
「獣電戦隊キョウリュウジャー」よりキョウリュウレッドキングの言葉。
何故戦う?何故仲間を信頼する?何故地球の平和を願う?
理由なんてない。あるとすれば・・・
俺たちは戦隊だからだ。
それ以上でも以下でもない。
仲間を信じ、地球の平和のために戦う。それが戦隊。

「我が生涯に一片の悔いなし」
北斗の拳より世紀末覇者ラ王の言葉。
一時的でも世界を制圧し、覇者として恐れられ、
ライバルである弟と拳をぶつけあい分かりあい、愛した女のために愛のために闘った。
何の悔いがあろう。すべてやった。やりきった。出し切った。
そんな人生に悔いなどあるはずもない。

「恐怖を我がものとすること」
「ジョジョ1部」よりウィル・A・ツェペリの言葉。
ノミは怖れを知らない。だがそれは勇気とは違う。
ノミと人間の違いは何か?人間には「恐怖」という感情がある。
本当の勇気とは恐怖を知り克服すること。
ノミは恐怖を知らないから、転じて勇気も知らない。
勇気とは。恐怖を知り、恐怖を我が物とし、恐怖を克服すること。
弱さを知っている人は強い。
まずは己の弱さを知りてから何事も始まる。

「人に出来て君に出来ないなんてあるものか」
「ドラえもん」より猫型ポンコツドラえもんが飼い主のび太に放った言葉。
同じ人間だもの。人に出来て自分に出来ないことなんてない。
努力の量が足らないか、あるいは努力の仕方が正しくないというだけのこと。
出来ないわけがない。自分以外の出来ている人はみな天才なのか?そうではない。
みんな努力してるんだ。同じくらいもしくはそれ以上に努力すれば必ず出来る。

「向き不向きより、前向き」
マンガではないですが、社員教育コンサルタントの朝倉千恵子さんの言葉。
保険時代に上司がよく言っていた言葉です。
人には向き不向きなどない。どんなことにも前向きに取り組めるか否か。
どんな無駄にも思えることにもポジティブになれるか。
私は「損得勘定で物事を考える人」はメンタルが弱いと思っています。
何事も損か得かで考えてしまうから、色んなことに一喜一憂してしまう。
泰然自若とし、悪いこともたとえ無理矢理でもポジティブに捉えられる人こそ精神的に強い。
あとは「運が良い、悪い」で物事を捉える人。
物事に偶然などありません。すべては必然。
起こるべくして起こっているんですね。ゴッドハンド風に言うと「因果律」と言います。
運がどうのこうのではなく、すべては意味があって起こっているんです。
起こった物事に対して運がどうのこうのではなく、
すべて必然的に起こったこととして自分の糧となるように捉えられる。
そういう人が精神的に強い。

ちなみに御味噌屋はパワプロアプリで826日ログイン記念、PSRガチャをひきました。
しかし有能キャラは出ませんでしたね。運が悪いな。
いや、そうではない。出るべくして出た。
ポジティブに・・・なんかなれるかw運の細さに嘆く他ない。

「ツクールは一日にして為らず」
この道24年のエターナラー御味噌屋の言葉。
古代ローマ帝国はその範図を全ヨーロッパ、北アフリカ、中東にまで拡げた
歴史上類を見ない大帝国であった。
しかし最初はイタリアのちっぽけな都市国家からはじまったのである。
何百年もかけてその勢力を拡大していったものであり、
ツクールもその壮大な作業を短時間で行うことなどナンセンスである。
制作が捗らないことを嘆いてはいけない。毎日少しずつでもやればよいのだ。

ということで、今日は名言のご紹介でした。
何か一つでも制作中のゲームでも名言をねじ込みたいですよね。


今週のトップ絵。

パンアヤ3

「何であたしがこんなことしなきゃいけないわけ?」
リクエストのありました「NASTURTIUM」カエデのパンツであやとりです。


↑このページのトップヘ