御味噌屋

RPG maker MVでゲーム制作してます。 素材・プラグインなんかもご紹介できたら。 いや、まずはエターナる前に完成させねば。

「素材屋御味噌屋」では、あなたのオリジナルゲームの
キャラ・モンスター・立ち絵・1枚絵などのイラスト素材や楽曲などの音楽素材の制作のご依頼を御受付いたします。

ご連絡は omisoya6119@gmail.com まで。

詳細はこちら

ということで、NASTURTIUM挿入歌「Patriot=Apricot」が完成しました。




Patriot=Apricot
作詞:御味噌屋
作曲:逆井 ワタル 様
編曲:御味噌屋
歌:Harpist miyuki 様


It seems that we still don't know a thing called love.
But I never think it's time to discern what everybody has.

Because probably the shape of love depends on how you see.
And if your thought looks trashy, it still should be so free.


Why not? Why we've ever wasted such a long time?
We may be ashamed, and be blamed,we have to aware our crime.


What would you do if you were lonely on a long night?
You're really so sad, after all I'll be by your side.


I know the world will be better if we are calm.
Cause we only care about ourselves, and have a lot of greed, right mom?
You know we can seek a light that leads to the sky.
Don't run away from anxiety, we should be ready for trying and flying.


So now I'm here. No reason to cry.
You may just call me down to say goodbye.
I don't have a fear of revealing my heart.
So I do aim for heaven, even if hurt, softly.


It seems that we still don't know a thing called love.
But I never think it's time to discern what everybody has.


Because probably the shape of love depends on how you see.
And if your thought looks trashy, it still should be so free.


So now I'm here. No reason to cry.
You may just call me down to say goodbye.
I don't have a fear of revealing my heart.
So I do aim for heaven, even if hurt.


So now I'm here. No reason to cry.
You may just call me down to say goodbye.
I don't have a fear of revealing my heart.
So I do aim for heaven, even if hurt.


すごい意訳


僕らはまだ愛というものがわかってない。
でもこうだって決めつける時ではないよね。


だって愛の形ってきっと人それぞれだもの。
だから君の考えがくだらなくてもいいじゃない。


どうしてこんなにも長い時間を無駄にしてきたのだろう。
恥じるべきだし、責められるべきだし、いけないことだって気づかないと。


君は長い夜独りだったらどうするかな?
すごく寂しいだろうから、そばにいてあげる。


僕らが穏やかなら、世界はより良くなるはずなんだ。
だって人は自分だけに夢中だし、欲深いからね?ママ、そうでしょ?
きっと空へと導いてくれるあの光を見つけることが出来るよ。
不安から逃げずに、立ち向かっていかなくちゃ。


だからここにいるし、泣く必要はないよ。
さよならなんて言ったら叱られそうだね。
心をさらけだす覚悟は出来てる。
だから天国を目指すよ、どんなに傷つけられても。



ということで、バラードですね。

今回は新しい試みが2つほどありまして、今後のDTMに活かしたくなるものです。
まず1つ目は作曲を自分ではやらずに、他の方にお願いするという試みです。
逆井ワタル 様に作曲をお願いいたしました。
逆井様、素敵なメロを作曲いただきまして、ありがとうございます!
逆井様にはワンコーラス、コードと簡単なメロを作っていただいて、
あとはそれを自分で参考にしながら作っていくというものでした。
これはですね、作業効率が半端なく上がりますね。
自分で作曲するよりも果てしなく時間短縮になります。
そしてさらに自分では思いつかないようなコード進行になったりして、
すごく勉強になるというものでした。
今までの苦しかったDTMが嘘みたいに楽しかったですねw

そして2つ目の試みは全編英語の歌詞というものです。
英語は・・・苦手ですね。
そこで大学受験の時に使った「英単語ターゲット1900」なる参考書が大活躍でしたね。
そして今回歌をお願いしたハーピストみゆき 様は、
ボーカル講師やハーピストとしてご活躍されていらっしゃいますが、
英語についても非常に堪能ということで、英詞の添削までしていただいちゃいました。
みゆき様、助かりました!ありがとうございます。
そして素敵な歌声、ありがとうございます。

ということで今回の御味噌屋は打ち込みとミックス、マスタリングをすればいいという
作業的には非常に楽な役回りでした。
今回はいつも愛用しているi phoneの純正イヤホンから卒業して、
ニューイヤホンで制作していたため、非常にクリアな感じになってる気がします。
ただi phoneの純正イヤホンは個人的には大好きです。
耳につけにくいという欠点こそありますが、いやいや、音はいいですよ。
そりゃ、i phoneにはi phoneのイヤホンが合うに決まってます。

楽曲についてですが、
「Patriot=Apricot」というタイトルですが、特段変な意味はありません。
「patriot」というのは「愛国者」ですが、
ゲームの中では「パトリオッター」という者がストーリーのカギを握ります。
ラテン語で「patriota」、英語の歌なので「patriot」に直したというだけです。

「apricot」というのは「アンズ」ですね。これもやはり作中でアンズという人物がカギを握るので、
アンズを英語にすると「apricot」ということです。まぁライム的なものもあります。
歌詞的にはかなり抽象的なものにしています。
色んな意味に取れるようにしています。玉虫色の曲といってもいいですね。
このへんのはっきりしないところは御味噌屋の得意なところですね・・・。

ということで、「Patriot=Apricot」でした。


ということで、いわゆるアプリゲーにおいてはしばしば広告に遭遇することがありますね。
その広告を見ると「ネコ〇ン10個」くれるみたいな特典もあったりなかったり。
この広告によって他の面白いゲームを知るきっかけになったりするわけですね。

ちょっと自分のゲームでもこの広告的なものを採りいれられないかと考えていました。
フリーゲームなので広告料をいただくということはありませんが、
コラボ的な感じがしていいシステムだと思います。
以下の画像のような数秒で変遷していく広告をゲームの街中に出す感じです。

キャプチャ

今はサンプルとしてカジノ屋の壁にミュージシャンのフォトをディスプレイしていますが、
これは数秒毎に異なる広告に変わっていくというものになってます。
この広告アイデアは「渋谷109」からヒントを得ましたw
109の巨大広告って出すのになんぼかかるんかわかりませんが、
1日平均40万人弱が乗り降りする渋谷駅を降りたらすぐあの看板ですからね。
それは広告効果は絶大なものがあるでしょう。

ということでゲーム内でもよく使う街の中にこのディスプレイを置くことで、
広告効果をある程度期待できるのではないかと思います。
自分のほかのゲームの宣伝でもいいしね。
あくまでもゲームをやっているので、あまり宣伝宣伝するとプレイヤーが鬱陶しく感じるかもなので、
これくらい控えめな広告ならむしろ楽しいギミックなんじゃないかと思います。

ではでは。


ついにあけました!おめでとうございます。
新時代「令和」がはじまりました!
新年って感じでよォ、すげー爽やかな気分だぜェですね。
よろしくお願いします。

ということで、10連休だったため更新がストップしておりました。
御味噌屋です。
長かった10連休もあっという間でした・・・。
では、その間何か形になるものは出来たのか?というと・・・。
家族との思い出。それはプライスレス。
いやーもう、アホほど混んでて千葉から出られんやったw

しかし、ちゃんと何かしらはツクっておりました。
いえ、ほとんど音楽にかかわることをやってました。
近々2曲ほど同時にアップする予定でありますね。
早く音楽制作から抜け出したいでござるが、
この2曲が終わればもう歌ものはおしまいです。
いい感じで出来てるので、早くアップッぷしたい。

そしてこの新時代「令和」になっても、この御味噌屋の正しいと信じる夢は変わりませんッ!
はやく、そして確実にゲームを完成させること、それだけです!
ではでは!

イラスト487
今週のトップ絵「新時代ですよ~。」




ということで、新曲が出来ましたのでご紹介。




届けたい想い~Will for you~
作詞 御味噌屋
作曲 御味噌屋
編曲 御味噌屋
歌 宮越 あまね 様


ああ 離れないで 見捨てないで 何時も傍にいて
ねえ 塞がないで 動かないで 貴方を閉ざさないで     


行かないで 独りきりじゃ 素裸足で 歩けなくて
止めないで あと少し ただ貴方の 吐息が眩しい


泣かないで 想い出達よ 今この胸に零れる涙
気付かないで 震える程 壊れる程 突き刺す想いは何


ああ 離れないで 見捨てないで 何時も傍にいて
ねえ 塞がないで 動かないで 貴方を閉ざさないで    
ああ 離さないで 変わらないで ずっと此処にいて
ねえ 試さないで 騙さないで 想いを拒まないで

I've just find the light, so I could be alright.
今届け 溢れるこの想い


冷めないで この温もり 癒しの雨が 降り続くとも 
構わないで ママ 木漏れ日が 痛みくれるまで 


消えないで 在りし日の子よ 今この空に溢れる光
絶やさないで 苦しい程 眩い程 揺らめく想いは何


ああ 離れないで 見捨てないで 何時も傍にいて
ねえ 塞がないで 動かないで 貴方を閉ざさないで    
ああ 離さないで 変わらないで ずっと此処にいて
ねえ 試さないで 騙さないで 想いを拒まないで

I've just find the light, so I could be alright.
今届け 溢れるこの想い


ああ 離れないで 見捨てないで 何時も傍にいて
ねえ 塞がないで 動かないで 貴方を閉ざさないで    
ああ 離さないで 変わらないで ずっと此処にいて
ねえ 試さないで 騙さないで 想いを拒まないで


ああ 怖れないで 隠れないで 何時も傍にいて
ねえ 躊躇わないで 戸惑わないで 貴方を閉ざさないで

I've just find the light, so I could be alright.
今届け 溢れるこの想い


曲作りというのはゲーム作りはよく似ていて、どちらも苦しいものです。
楽しく出来上がれば最高ですが、なかなかそうはいかないもの。
したがって楽しい中で出来るのが一番です。
しかし「曲を作ろう!」と思ってもなかなか出来ないもの。
曲が出来る時というのは心の中でもう出来上がっているのです。
つまり「曲を作ろう!」を心に浮かんだ時すでに行動は終わっているのです。
「曲を作った!」ならいいのです。
「曲を作ろう!」なんて言葉は曲が出来てから言うものだということですw

何のこっちゃでしたが、
イメージとしては御味噌屋の大好きなバンドの「the smiths」の
「There is the light that never goes out」からだいぶヒントを得てます。
「ここに決して消えない光がある。」というこの「光」って何やねんということを10年くらい考えてます。
歌詞の中にも全くこの光についての説明はありません。推測するしかありません。
でもこの光っていうのは人それぞれだと思いますね。
それは「希望」であったり、「夢」であったり・・・。
でもきっとそれは「願い」なんじゃないのかなと思います。
人は何かを願うことで生きていけるのではないでしょうか。
願いを込めることに重点を置いて作った曲であります。
そういうことで歌詞に「I've just find the light, so I could be alright.」
「私はちょうどその光見つけたから、多分大丈夫。」という一節を入れてます。

楽曲は制作中のゲーム「NASTURTIUM」のシーズン2の挿入歌となっています。
ゲーム内の歌手「カレン=メイベリー」の歌う曲という設定です。
このカレン=メイベリーはやはり御味噌屋の大好きな女性歌手である
カレン・カーペンターとローレン・メイベリーをモデルにしています。
今回の歌は宮越 あまね様にお願いしました。
この御味噌屋のイメージ通りに素敵に歌っていただけました。
宮越様ありがとうございます。

ただDTM的にはものすごく苦労した曲でした。
ただ苦労した甲斐あって今までと違うものが出来ましたね。
毎回ミキシング・マスタリングで悩むんですが、
これはプロに頼んだらいいのにっていつも思います。
でもどうしても自分でやりたいんですよね。
どっちかって言うとミキシングですね、いつもあーでもないこーでもないって。
すべてのパートがクリアに聴こえるように、つまり周波数ごとに棲み分けをする作業です。
アナライザなどを用いて視覚的にやりつつも、自分の耳を頼りながらやるわけです。
これはもうね、生活音のある中では出来ないんですよ。
みんなが寝静まったあとひっそりとやるしかないんです。
なので自分のDTMルームが欲しいw完全防音のw
このへんはプロはさすがですね。今度お願いしてみようかしら・・・。
ただDTMって面白いんです。バシっと決まるバランスみたいなものがあって、
その決まった時に脳汁が出るんですけど、この快感は人に頼んだのでは得られません。

また御味噌屋の得意技として「歌い手さんの女性の歌音源からイケメンボイスを作る」
というものがありますが、いい感じに出来ました。
知り合いからはよく「これは誰が歌ってるの?御味噌屋?」って聴かれますが、
いやいや私なんかが歌ったら大変なことになるw

そして今回はちょっとした動画を作ってみました。
とはいっても、まばたきをするだけですがw
これだけでも大変なんですよねw

ということで、曲紹介でした。ゲーム制作も順調に進んでますよ・・・w

↑このページのトップヘ